ぼくの行く道

青年海外協力隊2019年度1次隊(小学校教育)バヌアツ

「今、元気でいられる。」ことの凄さと難しさ

バヌアツで、「デング熱」という病気にかかった話。 (写真は、バヌアツの村の幼稚園での手洗い場面(ボクのめいっ子)) 2月末のある朝、 突然、39度の高熱が出た。 その日はもう1学期が始まっていて、 ボクがする授業もあったんだけれど、とても立ち上がれ…

コロナ禍のバヌアツ①

ボクは3月21日(土)まで、バヌアツにいた。 その時点までのバヌアツの様子を、思い出せる限りで書いてみようかなと思う。 (※2020/6/11現在で、バヌアツでのCOVID-19感染者は0人らしい。) 中国の武漢で新型コロナウイルスが確認され、世界中に広まってい…

出会いと別れの季節

日本の卒業式と入学式のシーズンは、 3月と4月。 桜の季節になると、 ちょこっと切なくなったり、ちょっぴりワクワクしたりする。 (日本に帰ってきてからすぐに咲いた家の周りの桜) バヌアツの学校の1年間は、2月に始まって11月に終わる。 3学期制な…

Hello, world.

このブログを、バヌアツの人たちを始め、海外旅行や海外研修などで出会った世界中の友達に届けたいので英語バージョンを作ります。 今、翻訳や通訳を学んでいる大学生の妹が、日本語から英語に翻訳してくれた記事を、随時更新していく予定です。 世界中の友…

久しぶりの日本

日本に帰国して、2ヶ月弱が経ちました。 www.asahi.com www.jica.go.jp 3月末、 突然の帰国決定だったこともあったし、 ちょうどその頃、 デング熱という病気にかかってて隔離期間中ということもあったから、 バヌアツ、エキペ村の子どもたちや 同僚の先生…

お疲れ様。

海外で働いていても、 日本人と会った時には、 つい、「お疲れ様です。」と言ってしまう。 学生の頃は、そんなに言ってなかった気がするけど バイトをしたり、社会人になってからは ものすごくよく使ってる。 たぶん「こんにちは」よりも多く使ってる。 (海…

自分の手ですること。

水がなくて学校が開けない2週間、 エキペ村の人たちは、 ただぼんやりしてたわけでも、 水を求めて雨を待ってただけでもない。 このままだと、 水が止まるたびに休校にしなきゃいけないから、 (実際、去年そうだった。) 何とかしようとみんなで話し合って動…

学校が始まった!!

2ヶ月の長い夏休みが終わって、 エキペ小では、昨日から新しい1年が始まった。 久しぶりの登校で、しかも新しい学年のスタートだけど、 いつもと変わらない、元気で明るくてテンション高い子どもたち。 本当は、 夏休みの終わりは、2月2日。 本当なら、 2月3…

先生が足りない問題

ある先生たちのワークショップ(勉強会)で、 1クラスの人数の話になった。 バヌアツの学校の1クラスは、 10人~40人と地域や学校によって様々。 40人くらいを目安にクラスを分ける。 (その先生もちゃんとした人数は分かってなかった。) この1クラスの人数…

ファンドレイジングという相互補助の仕組み

バヌアツでは、 ファンドレイジングが盛んに行われてる。 英語の「Fundraising」は、 「資金調達」という意味で、 主に「NPOが活動する上で必要となる資金を集めること」として使うらしい。 jfra.jp バヌアツのファンドレイジングは、 村のコミュニティのお…

ふるさと

この国の人たちは、 「ふるさと」をとても大切に思ってる。 みんな、 自分の国のことが大好き。 「バヌアツはいいだろ! のんびりしてるし、フルーツたくさんだし!」 って、 この半年間、どれだけセールされたことか。 初対面の人と会うと、 1番初めの会話…

村の歩き方

上を向いて歩こう。 時々、ココナッツが落っこちてくるから。 当たったら怪我じゃ済まないこともあるから。 足元にも目を向けながら歩こう。 地面はボコボコだから。 ビーサンで石蹴っ飛ばしたら爪が割れちゃうから。 時には、木陰に腰を下ろしてみるのもい…

ちょっと政治の話

バヌアツは、独立してから39年の比較的若い国。 独立前、イギリスとフランスが共同統治していた影響で、 英系と仏系の政党が争っていて、なかなか政治が安定してこなかったみたい。 コロコロと首相が代わってきた。 簡単にどんな政治か見てみると、 共和制 …

バヌアツのお金

バヌアツのお金の単位は、「Vatu(バツ)」。 そのお金の価値はというと、 ほぼ、 1バツ=1円 だから、 日本人のボクらにとっては分かりやすい。 (正確には、2020年1月19日23時24分の時点で、 1バツ=0.94円。) 例えば、 この1.5Lの水のペットボトル…

幸せな日本の味

バヌアツの首都ポートビラには、 いくつかの日本食料理屋がある。 エキペの村人の家で1日三食、 バヌアツ流村ごはんを食べてると、 時々食べる日本食が、泣くほど美味しく感じる。 ちなみに毎日食べてる オーソドックスなエキペ村飯はこんな感じ。 (ご飯の…